So-net無料ブログ作成
検索選択

出生前診断。 [雑感]

スポンサードリンク






前回の記事の続きかな。

あの事件をめぐって、いろんな人の意見。
そんな中ででた、出生前診断。
【妊娠9~22週頃に行われる「胎児に奇形や病気、染色体異常がないかどうか」を調べる検査の総称】
(どっかから引用)
新しい検査方法だと、少しの採血でできるんだとか。
費用は高いらしいけど。


この検査も賛否両論らしいね。
ナチスだ優性学だなんて人も。

嘘か誠か昔の産婆さんは、
生まれてきて障害児だったら締めたなんて話もあるくらい。
その話に賛同する人は、検査にも賛成でしょうね。
賛成派の男性なんかは、
言葉悪いけどリスク回避くらいにしか考えないんじゃないのかな。

ただ妊婦さんの精神面のリスクは回避できないよね。
実際15年前に、検査を受けた方の記事を読んでみた。
(リテラではない)
これはちょっと、キレイごととかそういう次元の話ではないね。
命を身ごもるってのは大変なことなんだと。

ただやっぱりこういう検査ってのは、不安だから受けるんだよね。
何が不安かって、想像がつかないから。
障害ってのがいかに特別視されてるか。
それを感じさせる記事でした。
感情移入しすぎると、吐きそうになる記事でした。


NHKのクローズアップ現代なんかでもやってたけど、
いざ陽性ですってなった時の母親の心労。
そういった点での反対意見も多いみたい。
その意見を持った人の中には、知るための検査というより、
おろすかどうかの検査と思っている人も多そうだけどね。
日本人はそういう傾向、外国は違いますよって言ってたで。

実際のデータで、陽性が判明した6人中5人はおろしたそうで。
非情とか思う人も少なくはないのかもしれない。
さぞ辛かったろうな。


今回の事件が起きたのは施設。
どういう背景があって、関係者は施設に入れたのかは知らないが、
世話を他人に任せる可能性を考えると、出生前診断には賛成してしまう。
そういう人も少なくないはず。


植松容疑者は、犯行前に友人に「ヒーローになる」と語ってたらしい。
全くヒーローではないが、飛び交う意見を見たところ、かなりの話題性。
手にかけた人数も大それているのに、彼の主張がピックアップされている。
表立って意見されることの少なそーな話題(以外に多い)だったが、今後どうなるのか。



結局医学が飛躍的に発達するまで、どうにもならないでしょうね。
だって人権的に難しすぎるもの。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました