So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

丸山議員の発言。ニュースという名のshow。 [ニュース]

丸山議員の発言が問題となっている。
内容が気になりちゃちゃっと調べてみる。
いろんなニュースサイトの見出しを並べてみよう。

丸山氏「黒人奴隷が米大統領に」 発言後陳謝、参院憲法審査会で(ニコニコ)

「米国は黒人、奴隷が大統領」自民・丸山法務部会長 参院憲法審査会で発言(産経)

自民・丸山和也議員「奴隷がアメリカの大統領になるなんて...」(J-CAST)

丸山議員「黒人が大統領…これは奴隷」(デイリースポーツ)

ざっと並べてみると、なるほど!問題発言だ!となりますね。
見出しとしては、すごく興味を引かれる。
内容もほとんどのサイトで丸山さんの
「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」
という発言を抜粋、または簡略化し、問題発言として指摘されたことを報じている。

いい大人が、ましてや海外の法律事務所で弁護士として勤務経験もある。
そんな人が人種差別的発言をなんの考えもなくするものかね?
これは気になる、ってことで今は便利な時代です。
動画サイトに発言の前後も確認できる動画があったり、発言を書き起こしてくれてるサイトもあったり。

どうやらこの発言は、アメリカという国の変革の大胆さの一例として出した話。
以下、本人の発言より
「例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。」

下線部を上手く切り貼りして見出しにしていたわけだ。
興味を引いて、話題性がありそうな記事。
物事の捉えさせ方の誘導。
ニュースとは、悪意のあるエンターテインメントショーなんだなとつくづく。
しかしまあ丸山さんも、発言の仕方や例として取り上げる題材としては、考えた方がよかったのでは。
人種差別という世界中が敏感な問題。
それを漢字が読めなかったことを連日報道するような国で、
少々過激っぽく見える例えはあくまで例に過ぎないとしても恰好の的。
立場もあるから、建前を上手く。
大人って大変だね。
働きたくないね。

ちなみに、ホントに現役大統領の祖先は奴隷だったの?
アンセストリー・ドットコムという家系図調査会社の主張。
「オバマ大統領は、米国殖民地時代に
 最初のアフリカ系アメリカ人奴隷となった 
 ジョン・パンチの11代目のひ孫である。」
としながらも、証拠が不足していることも明言している。
可能性は高いよってことね。



浪漫(ゆめ)-さらば昨日よ-


タグ:ニュース
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。